So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

◆カルチャーPでバラ観賞 [花・木・庭・雑草]

この時期、毎年バラの花見物に県立の「花菜ガーデン」に行っているのですが
今回は地元の憩いの場所「カルチャーパーク」にバラ園が整備されたので
散歩がてら観賞に行ってきました。

花は少し最盛期を過ぎ枯れ始めている個所もちらほら、でも未だ十分見れます。
平日の晴天とあって訪れる人は少なめ、もちろん無料です。

この「カルチャーパーク」は、普段よく散歩で訪れます
1周約1.5kmくらいのジョギングコースがあり気分次第で何周かして汗を流します
夕方近くになると犬の散歩の姿が多くなります。
駐車場も整備され各施設がまとまっているので使い勝手はいいようです。

↓ 遠く背景に丹沢山麓が連なってみえます
P1440288.JPG
↓ 後ろの建物は、昨年本市への定住の足がかりとするため、
  若者夫婦・子育て夫婦を対象に入居を促進した住宅の「ミライエ」です
P1440294.JPG

↓ バラ園の案内図です
P1440297.JPG
P1440305.JPG
↓ 奥のネットは、市営球場で地元信用金庫とネーミングライツ契約を結びました
  その手前は、子供たちの夏の遊び場のジャブジャブ池です
P1440312.JPG
↓ 青空に向かって咲きそろうバラの花、気持ちよさそうです
P1440324.JPG
P1440336.JPG
P1440338.JPG
↓ ラベンダーもバラに劣らず満開です
P1440347.JPG
P1440329.JPG


日大のラグビー宮川選手が、昨日日本記者クラブで記者会見を開きました。
日大広報部は次の通りコメントを発表した。
監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、・・・
誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。
まるで安倍政権と同じです、逃げの一手です。
nice!(10)  コメント(3) 

◆人口減食い止めの過激な提言 [日記・エッセイ・コラム]

少子化に高齢化、日本の人口減を食い止めるための過激な提言をしている書
未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか』から一部の紹介です。

未来の呪縛.jpg

現在の少子化の要因の大半は、結婚で説明できる
出生率増加に踏み込んだ直ちに行うべき結婚対策10の提言である。

[1] 高校ボランティアチームの結成
[2] お見合いの普及
[3] 「未来の人生年表」をつくる
[4] 20代対象の「母親応援手当」の創設
[5] 第3子以上に1,000万円給付
[6] 「父親休暇」制度の導入
[7] 子育て世帯の全国転勤凍結
[8] 「全母親支援センター」の全国展開
[9] 「育児保険」の新設
[1][0] ゼロ歳に選挙の投票権を付与
番外社会保障費循環制度の導入 である。

特に目につくのは
[9]は、雇用保険の育児休業給付を大幅に見直すことで創設し、
休業前の給与手取額相当の水準で給付する。
若い世代や非正規などの低所得者に対しては、年間200万円の給付額を保障する。

[1][0]は、ますます高齢者優遇の流れを断ち切るため、
参政権のないゼロ歳児まで投票権を与え「代理人」として投票するのだ。
子育てにプラスになるような政策候補者に票が集まり有利な政策が展開される。

何と言っても、番外の「社会保障費循環制度の導入」が鋭い、
国民が生涯に利用する社会保障サービスのうち、
税や国債による「国家負担」で賄われてきた額を、死亡時に国に返還する制度だ。
国が第1の相続人として、生涯の国庫負担相当額を遺産から優先徴収する。
これなら生きている間の社会保障水準は下がらず、減るのは遺族の遺産だけである。
「逃げ切り世代」を逃がさない妙案だが、高齢者や相続人からは非難囂々だろう。

いずれにしても借金問題とダブルで訪れるであろう将来の重大な問題であり
今から手をつけても遅いくらいであるが、こまねく訳にもいかない。


↓ 散歩の途中、遠く畑を眺めていたら何やら竹の子のような奇妙な物が!
   興味津々で思わず写真に収めました
   ネットで調べてみたら、なんと蒟蒻(コンニャク)の花だそうです
   初めて見ました。(遠いのでトリミングしています。)
IMG_20180515_160411.jpg

nice!(11)  コメント(6) 

◆愛のない愛国と、右翼化という男性化 [社会・政治・経済]

昨年の週刊女性2017年6月6日号にこんな記事がありました。
語っているのは、『一水会』元最高顧問である鈴木邦男さん ↓
鈴木邦男.jpg

純粋な意味での愛国心は必要だと思う、例えば
謙虚な民族だったことが素晴らしいとか、
日本の日記文学は素晴らしいとか、
でも、それは心の中で思っていればいいことです。

ところが、
愛国者の俺とあいつは違うとか、
愛国者だから韓国は許せないとか、
よそに憎しみを向けて自分が愛国者であることを証明しようとしているのが、
いまの愛国心、愛国者なのに、愛がない
近隣諸国と仲よくする、戦争はしないという合意の取りつけは一番の安全保障なんです。

なのに、韓国、中国に負けるな、やっつけろ
軍備を強固にしろ、核を持てという人までいる
国家が強くなったら自分まで強くなれたような錯覚を持つ
反対です、国家が強く大きくなるほど反対にひとりひとりは弱くなる

強い日本、強い憲法を作ろう、軍備を増強しろという男たちは、
自分たちのテリトリーに踏み込まれるのが怖いんです。

女性に対しても同じ、企業や政治の世界でも女性がどんどん強くなって、
活躍するのを恐れているんです。

昔は親父がしっかりして、お母さんは家庭を支え、子どもは父の言うことをよく聞く
それこそが日本の家庭だと言う復活せよとも訴える。

女性天皇反対も同じ構図でしょう。

右傾化って、要は男性化なんです

まさしく、今の自民党の考えそのものを批判しているんでしょう。
nice!(24)  コメント(12) 

◆ヒナの巣立ち [昆虫・鳥・動物]

その時は、突然やってきました。

外でシジュウカラの鳴き声がいつもよりにぎやかです
カーテンをそっと開け巣箱を眺めるとヒナが巣から出ています
周りで親鳥は心配そうにうろうろ、巣立ちです。

慌ててスマホ片手に外に出ました
近づきすぎないように何枚か写しましたが所詮スマホです。

親鳥が一生懸命に餌を運んでいるのは知っていましたが
いつ卵を産み孵化したのかは分かりません
昨年の巣立ちは6月22日だったので1ヶ月も早い!油断していました
気候が暖かいのも一因でしょうか。

確か、昨年は4羽だったが今年は5羽、めでたい!
みんな元気に育ってくれればいいなあ、我が子を思う心境です。
これでしばらく巣箱を気にしないですみそうです。

↓ 13日 親鳥が餌をさかんに運んでいます、巣箱からぴーぴー鳴き声がきこえます
IMG_20180513_101036.jpg

↓ 14日 巣立ちです、右下の枝に1羽、巣箱から1羽が顔を出しています
IMG_20180514_122325.jpg
↓ 枝にとまれず、雨戸の戸袋まで飛んでしまいました
IMG_20180514_122254.jpg
↓ 勇気を出して飛び立つ寸前です、どんな気持ちでしょう!
IMG_20180514_122334.jpg
↓ これが最後の1羽だったと思います(スマホの限界です)
IMG_20180514_122616.jpg

しばらくしたら、来年のために巣箱の掃除です。
nice!(26)  コメント(18) 

◆余計な一言 [社会・政治・経済]

麻生大臣の「余計な一言」、
「セクハラ罪って罪はない」「改竄はどの組織だってありうる」「福田にも人権はある」
いずれも誤りではなく、悪意も無さそうです。

それにしても、負けず嫌いなのか!性分なのか!
「何もこのタイミングでわざわざそういうことを言わなくても」
「本音かも!本当のことかも!しれない、でも今それを言う意味ってあるのか」
と、思ってしまいます。

↓ 麻生大臣、余計な一言を発言するときは、口のへの字が強調されます
麻生大臣への字.jpg

お馴染み、齋藤明大教授の著書『余計な一言』での傾向と対策では、
政治家はなぜ「本音」を言いたがるのか
そもそも政治家に求められる資質として、
話したくても話してはいけないことを、話さずに我慢できる
精神的な強さも含まれる
本音を言ってスッキリする職業ではなく、むしろ逆なのです。
本音を言うことにはさしたる意味がない、という認識も必要です
ほとんどのことは『本音』ではなくて、
あくまでもその人の『現在の認識』や『一つの認識』に過ぎないと思ったほうがよい
それは刻々変化するものなのです。

余計な一言.jpg

最後に、余計な一言を防ぐためのポイントとして
・多くの場合、「本音」は必要とされていない
・思ったことをそのまま発言してはならない
だそうです。 デイリー新潮より

おそらく、麻生大臣には「だから何なの!」と一蹴されそうです。
nice!(46)  コメント(14) 

◆「もう少し誰かさんと調整」すれば! [社会・政治・経済]

記憶にない」と逃げを繰り返してきた柳瀬経済産業審議官、
調整のすえ、国会の参考人で加計学園関係者と面会したことを認めた

5月2日付の東京新聞夕刊では
加計問題を巡っては、愛媛県側作成の文書に柳瀬元首相秘書官との
面会記録が記され、「首相案件」との発言が残されていた。
文科省、農水省からも同様の記録が見つかった。
こうした経緯から、与党側は否定するのは困難との判断に傾いた。

政府は、事実よりも「調整」や「判断」が重要らしい。
柳瀬氏にしてみれば、好き好んで会っていないと言ってきたわけではない
あくまで、安倍首相を「権力の私物化」批判から守るためだったのでしょう。

柳瀬元秘書官.jpg

つき続けてきた嘘を白状するにすぎない柳瀬氏の決断について、
メディアが「与党と調整」とか「方針転換」と報じたのは腑に落ちない。
「記憶のかぎり会っていない」との詭弁を思いついたのが誰なのか
通用すると思っているとしたら、よほどおめでたい。

この論理でいけば、「もう少し誰かさんと調整」すれば「記憶もよみがえり
安倍首相の「ずっと加計学園の計画を知らなかった」という答弁が
虚偽であることも証明されることになるのでしょう。

柳瀬氏も、まだ隠している嘘から解放されるんです。


↓ 名前が分からない間は、芝カーネーションと勝手に名付けていましたが
   どうも、改良されたナデシコのようです
   エアコン屋外機の横で満開です(隣の緑はイチゴの葉)
IMG_20180506_102207.jpg
IMG_20180506_102217.jpg
nice!(23)  コメント(10) 

◆森林浴の季節です [まち歩き・散策・旅]

今日は、衆院予算委員会で柳瀬元首相秘書官が参考人として招致されます
面会をどこまで認めるのか、どう「記憶がよみがえる」のでしょうか
安倍政権との口裏合わせで終わるような気がしてなりません。


↓ 地元のカルチャーパーク内の新緑の楠木の下でくつろぐ市民
   これでも「森林浴」になるのかもしれません、気持ちよさそうです
IMG_20180419_144407-2.jpg

森林浴」(Shinrin-yoku)とは、精神的な癒しや健康のために、
森林内に入り、散策やレクリエーションを行うことで
林野庁の「森林浴構想(1982年)」がはじまりで日本発祥だそうです。
知らなかった! [もうやだ~(悲しい顔)]

森林には殺菌力を持つ独特の芳香が存在し、それが健康体をつくるんだとか
森林で散策路を歩いたり、レクリエーションをしたり、横になり…で効果が得られます
樹木がたくさん生えている身近な緑地や並木道などでもOKなんです。

効果は「フィトンチッド(植物が殺す)」と呼ばれる樹木が発散する香り成分で、
樹木などが有害物質等から自分の身を守るために発散し
そのおかげで空気が浄化され、森林内が清々しい空気で満たされているのです。

研究では、森林浴によりNK(ナチュラル・キラー)細胞が活性化され
抗がん能力が高まり「がん対策に効果あり」と科学的に検証されています。

アメリカでは、「ヨガ」のように、今後は「森林浴(Forest bathing)」が
フィットネストレンドとしてヒットするんだとか。
アメリカ人の多くは通勤や通学以外では定期的に外出せず、
そんな出不精に気軽にアクティビティが楽しめ、
健康促進にもつながる日本の「森林浴」に注目が集まっているんだとか。
ジモトのココロより

わが市は、周りを見渡せば山が多く「森林浴」にはもってこいです。
nice!(19)  コメント(14) 

◆北朝鮮、三度目の正直 [社会・政治・経済]

金日成(祖父)は、1994年IAEAから脱退しアメリカと「枠組み合意」を締結、内容は
北朝鮮は、核開発を凍結 NPTに復帰
アメリカは、北に軽水炉を提供 毎年食料と50万トンの重油を供与
しかし、北朝鮮は、米朝合意後も核開発をつづけました

金正日(父)も「北朝鮮には、核兵器を持つ理由がない」と「非核化の意思」を示し
「核放棄」を約束し「六か国共同宣言」が採択された。
ところがその後は皆さんご存知の通り
北朝鮮の「非核化宣言」は、何の意味もなく「経済支援を受けるため」でした。

金正恩も核実験により脅威を高めたあげく「対話路線」「非核化宣言」「制裁解除」
「経済支援」と祖父や父と全く同じことをしているのです。
もちろん、「本当に非核化する意志」などないのでしょう。

↓ 本音が見えない政治ショー、三度目の正直になるのか [exclamation&question]
金正恩と文大統領.jpg

中ロは「前提条件なしの対話」を、
日米韓は「非核化前提の対話」のスタンスです
金正恩は、「非核化前提の対話に応じる」との表明に対し
日本は、相変わらず「だまされるから対話するな!」という安倍外交
韓国は、「金正恩のいいなり」になる可能性が強い
トランプは、歴史的「米朝会談」で「核放棄を実現する」決意を示しています。

金正恩は、「核兵器破棄は、フセインやカダフィのようになる」と応じず
「段階的な非核化」を主張し、「制裁緩和」「経済支援」を求めてくると思われます。
日本は、非核化や拉致問題について米韓に頭を下げるしかないのです。

北朝鮮問題、状況は刻々と変化し順調なのかも分かりません
三度目の正直で平和的解決をしてほしいものです、目が離せません。


↓ 鉢で育てたイチゴですが、赤くなったものの大きくなりません
  下は散歩で見かけたヘビイチゴ、あまり大きさが変わりません
IMG_20180506_102246-2.jpg
IMG_20180504_173518-2.jpg
nice!(21)  コメント(12) 

◆平和な日本を感じた [音楽・映画]

朝から天気もよく空は晴れ渡っています。
今日は、かみさんのお付き合いで映画鑑賞に新宿まで足をのばしました。
久しぶりの新宿なので映画をみてから歌舞伎町界隈をうろうろ
GWの連休中とあっていたる所が歩行者天国となり
多くの人でにぎわっていました。
ALTA前も政治色の集まりもなく平和な日本を感じました。

↓ 新宿ピカデリー、若い人が圧倒的におおいのでキョロキョロ
   飲み物やポップコーンを買い求める人で大混雑
IMG_20180505_132104.jpg
↓ 観賞したのはヤマトではありません、これは予告です
   「さよなら、僕のマンハッタン」で120席位の小劇場です
   サイモン&ガーファンクルの「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」
   に乗せたヒューマンドラマですが、自分は特に見たかったわけでは・・・!
IMG_20180505_132138.jpg
さよなら僕のマンハッタン.jpg
↓ 遅い昼食は、歌舞伎町の「うな鐵」で鰻重をいただきました
   喉も乾いたのでビール(小瓶)で先ずいっぱい、あー落ち着いた [わーい(嬉しい顔)]
IMG_20180505_140247.jpg
IMG_20180505_134643.jpg
↓ こちらはTOHOシネマズ 新宿のゴジラロードです
IMG_20180505_140905.jpg
↓ 歌舞伎町交差点のドンキホーテ前も人でいっぱいです
   そういえば、我が町にもドンキが出店するようです、楽しみだ!
IMG_20180505_141125.jpg
↓ ALTA前は、集会する人も見受けられず比較的すいていました
IMG_20180505_141459.jpg
↓ 昭和の雰囲気が色濃く残る個性的で人情あふれる「思い出横丁」をぶらり
   外国人の観光客が目立ちました、お店の中は未だちらほら
IMG_20180505_141924.jpg
IMG_20180505_142019.jpg
↓ 新宿駅西口前に立ち並ぶビル群、我が町より都会だな~ [がく~(落胆した顔)]
IMG_20180505_142722_1.jpg
↓ 電車は、混んでいるのでロマンスカーを利用させていただきました
   VSEは快適で楽ちんです [わーい(嬉しい顔)]
IMG_20180505_152906.jpg
IMG_20180505_153114.jpg

たまには、こんなお出かけもいいものです。
nice!(26)  コメント(12) 

◆信頼回復は無理! [社会・政治・経済]

今日は、早朝から[雷]雷が[雷]鳴り響き目が覚めました。 [がく~(落胆した顔)]
今も空には黒い雲が立ち込め生暖かい風が吹いています
GW後半に入りましたがお天気は荒れ模様です。

↓ 上空には少し青空も見えますが西の方角は真っ黒な雲が一杯です
P1440246-2.JPG


小泉政権の「郵政民営化」、具体的中身や意義を十分に理解できなくとも
「小泉総理は信頼できるから郵政民営化をやらせてみよう」という
国民の心理が働いた。

それに比べ森友や加計や財務次官のセクハラ問題は、
中身こそ国民にとって理解しやすいものの
安倍首相や政府や官僚説明納得いくどころか疑惑が深まるばかりです。

政策の良し悪しといったロジックよりも、
信頼という直感レベルでの判断で離れてしまった国民
安倍政権を支持に引き戻すのは、至難な業だと思う。
数々の問題や疑惑に対して、今まで通り [もうやだ~(悲しい顔)]
官邸や財務省の官僚が考えた対応
永田町の論理に基づく対応をしているだけでは
国民の信頼は絶対に回復しないと思う。

↓ 膿を出し切ると言いながら行動が伴わず、不信感一杯の安倍総理
   いくら説明しても言い訳だけでは国民の理解は得られず遠のくばかり。
安倍総理不信.png

自民党総裁選までに安倍首相が
どれだけ正しい政治のリーダーシップを発揮して
どれだけ正しい危機対応をできるかが
安倍政権の今後にとって決定的に重要なはずです。
今のところ、そこに気が付いていないように感じられる。 
nice!(26)  コメント(14) 

◆賢い切符で旅を! [まち歩き・散策・旅]

世間は、ゴールデンウイークでどこも混雑のようです
この時期にしか出かけられない人たちに外出は譲った方がいいようです。

所で、知ってますか?
JRの「青春18きっぷ
実は学生だけでなく誰でも求めることができるこの切符は、お得です。
これは、全国のJR線の普通列車が1回あたり2,370円で乗り放題
5回分が1セットで1人で5回分使ってもいいし、
1回で5人分使っても構いません。
つまり1日普通列車が乗り放題になるきっぷなのです。
特急や急行は別料金、快速や新快速は含まれ、快適に中長距離の旅が楽しめます。
青春18きっぷ.jpg
春、夏、冬のおおよそ学生の休み期間中に販売され
夏だと7月1日~8月31日販売で有効期間は7月20日~9月10日となっています。
5月連休は、対象になっていないようですが
当初若者たちに旅を楽しんでほしいとの企画だったようだが年齢制限はなく
最近は中高年の愛好者も増えているんだとか
紛らわしい名前だが青春のつもりで使いたい

私は、北陸へ行く機会が多いので「大人の休日倶楽部(ジパング)」へ入っています
女性60歳、男性65歳以上で会費は年3000円ですが
運賃と特急料金が20~30%の割引で、元は1回でとれます。
満50歳以上で5%割引の「大人の休日倶楽部(ミドル)」もあるようです。
↓ かみさんと二人分の会員証です、名前はガムで目隠し
P1440244 - コピー.JPG
nice!(41)  コメント(16) 

◆大谷翔平は並ではない [日記・エッセイ・コラム]

昨日の北朝鮮と韓国との両首脳会談は意義深い事だと思います
南北に分断された国の悲願だったことでしょう
しかし、何度も騙し続けてきた北朝鮮、ここは一つ冷静に事を見守りたいと思う。
本当に非核化南北の統一拉致問題などが解決されれば素晴らしい。

大谷翔平.jpg

さて、大谷翔平選手が高校1年生の時に作った
目標達成シート」(マンダラチャート)には感心しました
彼は、このチャートをうまく活用して目標を達成してるんですね。
その内容をよく見ると16歳の高校生が本当につくったの!と、驚くしかない。

野球が上達するうえでの要素は当然なのかもしれないが
注目は、「」と「人間性」と言うマスがあることです。

私も人生には大きく3つの要素があると思っています
一つ目は、変えることのできない生まれ
二つ目は、努力次第で変えられる素養
三つ目は、変えることが出来なかったり、出来たりするです。

↓ ある人のTwitterより切り取らさせていただきました
大谷翔平マンダラチャート.jpg

彼の、「」には次の要素が書かれています、
[1] ゴミ拾い
[2] 本を読む
[3] プラス思考
[4] 道具を大切に扱う
[5] あいさつ
おそらく、こうしたことを一つ一つ実行してきたんでしょう
誰でも出来ることのようだが掲げること自体、並みではない。 [わーい(嬉しい顔)]

また、「人間性」が大事だとは、高校生なのに驚いた
自分の高校生のころを思い浮かべるとこの様なことを考えたんだろうか!
大谷選手の更なる活躍を期待したいですね。
nice!(40)  コメント(14) 

◆不都合は末端に押し付け [社会・政治・経済]

官僚の「文書作成」業務
トップの「企図」が違ってきたら、企図に合うように「改ざん」します
森友問題、首相と夫人が関わっていないと言えば文書を差し替えました
これが発覚したら「現場」が責任を取り絶対にトップに責任をかぶせません
加計問題もしかり、全て官僚の「忖度」となります。

政府は、「イラク、スーダンのPKOは安全な非戦闘地域への派遣である」と
今でも言い張っています

自衛隊は官僚業務と違い、嘘は書きません
砲弾が落下するような地域戦場(世界常識で戦闘地域)と正確に記述します
「作戦日誌」は、隊員が戦死した時に状況をしっかり書き残し
戦闘後の名誉と補償(遺族年金)を国家に要請するためです。
いかに国のために尽くしてくれたか話して家族に赦してもらうのです。

↓ 南スーダンで死亡した中国PKO隊員2人の告別式の様子(首都ジュバ)
PKO南スーダン中国.jpg

しかし、日本には「戦死」に対する勲章も遺族年金もありません
PKOは政府が言う「非戦闘地域」ですから、万一の措置・補償はなく
ツケは現場の隊員が払わされることになり
隊員自らPKO保険に加入して現地にいっているのだそうです。
なおさら「作戦日誌」には、嘘はありません
政府が「戦闘地域でない」と言えば
仕方なく破棄し自衛隊の責任にするしかないのです。

元陸自陸将補作家が明かす現実 より

安倍政権は、都合の悪いことは何でも末端に押し付けます
こんな血も涙もないズルイ政権は早急に終わりにしたい。


↓ 散歩コースの河川敷の石垣、よーく見ると緑の苔と黄色い小さな花
   近づいてみましたが、どちらも名前は分かりません
IMG_20180424_145016.jpg
IMG_20180424_145301.jpg
nice!(22)  コメント(17) 

◆セクハラで総理及び財務大臣に意見 [社会・政治・経済]

くだらないセクハラ疑惑で時間を浪費する財務省
福田次官の開き直りが怖いのか5300万の退職金で辞任決定(本日)のようです。

自民・長尾議員が「…セクハラとは縁遠い方々…」とTwitterで書き込み
下村元文科相が「隠しテープでとっておいて…ある意味で犯罪だと思う」と発言
自民党内には、罪悪感や理性や反省の影すらない
どちらも批判を浴び謝罪や猛省で恥をさらしている。

しかし、内閣府男女共同参画会議「女性に対する暴力に関する専門調査会」が
このセクハラ疑惑に関し
セクハラは男女が互いの尊厳を重んじ、対等な関係づくりを進める社会の
 形成を大きく阻害する。あってはならない人権侵害」との緊急声明を発表しました。

↓ 画像も文書の一部も共同通信より
セクハラWithYou.jpg

事実関係の調査委託先が同省の顧問弁護士であることや、
被害者に名乗り出を求めたことに「被害者保護の原則が守られず、心底がっかりだ」
と、同会議内から批判が相次いだようです。

男女共同参画会議とは、
官房長官を議長とし、各省大臣12名学識経験者12名からなり
[1] 男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の実施状況の監視
[2] 政府の施策が男女共同参画社会の形成に及ぼす影響についての調査
[3] 必要があると認めるときは、内閣総理大臣及び関係各大臣に意見
内閣府男女共同参画局.png より

この様な機関が前面に出てきてくれたことは嬉しい
安倍総理、麻生大臣、真摯に耳を傾け正しい判断をしてほしい


↓ 何気ない喫茶店(福井駅の前)の飾りつけ、癒されます
IMG_20180417_130753_1.jpg
nice!(19)  コメント(14) 

◆狂った財務省 [社会・政治・経済]

財務省で福田次官から聞き取った内容は、報道によると次のようです
音声データによればかなり賑やかな店のようである
 そのような店で女性記者と会食をした覚えもない
 発言相手が誰なのか、本当に女性記者なのかも全く分からない
 会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない
 女性が接客をしている店に行き、言葉遊びを楽しむようなことはある
 仲間内の会話で話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない
 ・・・・・」抜粋です

福田次官.jpg

もう、何をかいわんやである
つまり、福田次官は接客業のホステスや同僚とエッチな会話を楽しむことはあるが、
女性記者とそのような店で会ったことも、卑猥な話をしたこともないというわけです。
これは、聞き取ったというより弁護士と打ち合わせた内容でしょう。

そして、女性記者に調査協力を求め、直接連絡いただきたいと。
相手が誰かは福田次官が一番知っているはず
女性記者との話を否定しなければならないから、名前を言えないだけです。
明らかに「出て来れるものなら出てこい」と女性記者に脅しをかけたのと同じです。

麻生大臣.jpg

首を切りたくない安倍総理
首を切られたくない麻生財務大臣
いつもの通り政権や財務省にこの様な狂った構図が浮かび上がっている。

今の日本の政治や官僚ってこんなもんなんです、腹立たしいし情けない!
真実と違う方向に事が運んでしまえば
いよいよ安倍政権も終わりでしょう。


気分直しに何気ない庭の写真です
↓ 昨年、ゼニアオイの種を河川敷で採取したので撒いたらこの通り発芽しました
IMG_20180419_082311.jpg
↓ ミモザの枝払い後ついでに挿し木をしました、何本成長するでしょうか
IMG_20180419_082534.jpg
↓ 庭のあちらこちらにキキョウソウが雑草のように生えています
IMG_20180419_082648.jpg
nice!(21)  コメント(20) 
前の15件 | -

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。