So-net無料ブログ作成
検索選択

◆いつの間にやら原発《許可》 [社会・経済・政治]

安保法制・新国立競技場・・・
どさくさにまみれて
原発再稼働が許可《合格》されている。

今回は、資源エネ庁の上田長官が17日、
四国電力の伊方原発3号機
再稼働推進を明示した政府文書を
中村知事と山下伊方町長に手渡し、
再稼働に向けたプロセスがまた一歩、前進した格好だ。

伊方-PN1-4.jpg

原子力施設新規制基準適合性審査状況という
ホームページ http://www.genanshin.jp/facility/map/
2015年7月15日現在の
審査状況が報告されている。

① 九電の川内1号2号(2014年9月許可)
② 関電の高浜3号4号(2015年2月許可)
に続いて3番目の再稼働許可(合格)である。

審査は、電力会社と政府の強い意向に沿って
しゅくしゅくと行われているのであろう。

おそらく地元の了解を得ての稼働となるのだろうが
こちらも地元事情を考えると
背に腹は代えられない地域が多く
予断を許さない。

気がついたら多くの原発が
再稼働となっている状況も考えられる。
本当に地震国でありながら
大事故を経験しながら
同じ繰り返しをさせてはならない。

原発再稼働反対の声が打ち消されている状況だ。
危機感を感じざるにはいられない。


nice!(15)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 15

コメント 12

トックリヤシ

再稼働して何かが起こらない限り現方針は変わらないんでしょうね~。
フクシマはもう過去のこととして
忘れ去られるのでしょうか、ヒロシマ、ナガサキと同じように・・・
by トックリヤシ (2015-07-19 09:46) 

ファルコ84

トックリヤシさん
原発、現在も稼働していない訳ですから
経済と安全を両立させる
賢い政治が出来ないんでしょうかね
喉元過ぎれば熱さ忘れずでは
困ります。
by ファルコ84 (2015-07-19 10:42) 

kazg

イマジネーションが欠如しているのでしょうかね?論理的思考もストップしているようですから、、、働いているのは「欲」だけという、原始的な生物みたいな動きですね。
by kazg (2015-07-19 12:31) 

シルフ

原発再稼働どころか、原子爆弾を製造するっていう話すら聞かれます。非核三原則もどこへやら、特定秘密保護法やらで表には出さない。まぁ憲法破ればもぅコワイもんなしなんでしょう。
by シルフ (2015-07-19 16:46) 

えんや

再稼働は許せない!
反対です、、、一つが再稼働したら、、、絶対はんたいです。
by えんや (2015-07-19 21:16) 

ファルコ84

シルフさん
日本は、立憲国家なのですから
日本国憲法を守った政治を
して欲しいですね!
これが基本です。
by ファルコ84 (2015-07-19 22:01) 

ファルコ84

えんやさん
いつのまにか
多くの原発が再稼働
なんてことの無いように
反対運動を盛り上げましょう。
by ファルコ84 (2015-07-19 22:03) 

majyo

福島直後にもう再稼働に向けて準備したようです。
あの計画停電もその一つです。
そのための江戸電力迎賓館なのだそうです。
若杉冽さんの書かれた原発ホワイトアウトよりです。
いわゆる原子力村
金の為なら国民の不幸なんて、眼中にないのです
シルフさんの書かれている事も本当らしいですよ
by majyo (2015-07-19 22:13) 

ファルコ84

majyoさん
原子力村ですか
再稼働により再稼働賛成組は
大きな経済力(金)を手に入れ
起こるであろう危険など
どこ吹く風ですか
嘆かわしい。


by ファルコ84 (2015-07-19 23:28) 

kawasemi

コメントありがとうございました。
夏まつりの成功をお祈りします。

福島の問題を残しながら、安易な原発再稼働 考えられません。
by kawasemi (2015-07-20 09:47) 

momotaro

あれほどのミスにも懲りない…
そりゃそうでしよう、だれも責任を取らないんだから
困ったものですねー
by momotaro (2015-07-22 14:34) 

ファルコ84

momotaroさん
みんなの責任だそうです
つまり責任をとる人は
いないと言う事です
無責任きわまりない
by ファルコ84 (2015-07-23 16:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。