So-net無料ブログ作成
検索選択

◆教育勅語を良しとする政権 [社会・経済・政治]

安倍内閣が教育勅語について
憲法や教育基本法に反しない形で教材として用いることまでは否定されない
とした答弁書を閣議決定したのは、皆さんご存知の通りでしょう。

閣議決定は、政府の統一見解ですから全閣僚の意思統一が原則、
反対閣僚は罷免されます、全員そう思っているんですね!恐ろしや。 [がく~(落胆した顔)]

国会議事堂2.jpg

教育勅語は、天皇と国家への服従を説き、
国民を戦争へと駆り立てる役割を果たし、国民に批判の自由はなかった。

親孝行、夫婦仲良く、友達を大切には教育勅語である必要は全くない
この本質は、こうした徳目を実行することで
「いざという時には一身を捧げて皇室国家のために尽くせ」と国民に求めたことです。

「戦後レジームからの脱却」を説いてきた安倍首相、
復古的な憲法改正草案
教育勅語を肯定する稲田防衛相・・・
閣議決定は、戦前の価値観に回帰しようとする動きにしか見えない

教育勅語は終戦後(1948年)衆院で排除の参院で失効の決議がされているんです。
子どもたちに教え、導く学校現場にふさわしい教材とは到底思えません。

閣議決定の際、『教育勅語なくして我が国の復活はない』と
安倍総理が激を飛ばす姿が目に浮かぶ。 [ちっ(怒った顔)]


↓ 我が市は、アメリカのパサデナ市と友好関係を結んでいます
   カルチャーパーク内にパサデナ通りと下の記念碑があります。
P1390415-2.JPG
nice!(23)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 23

コメント 12

トックリヤシ

罷免されるのが恐いからどんな意見にも同調する閣僚・・・
情けない奴らだね~、これぞ忖度でんでん内閣ですわ~vv
by トックリヤシ (2017-04-07 12:53) 

斗夢

こういう流れを自民党の国会議員は全員是としているんでしょうか。
by 斗夢 (2017-04-07 15:28) 

えんや

兎に角、思いのまま、、、手当たり次第に「俺が俺が、、、」で
政治をされたんじゃたまったもんじゃないです。

by えんや (2017-04-07 20:16) 

majyo

とんでも閣議決定です。なんでも閣議決定ですね
教育勅語は天皇と国の為にいざとなったら命を落とせと言います
否定しないではなく、教材としてはあり得ません
みんな日本会議ですからネ

by majyo (2017-04-07 20:41) 

ファルコ84

トックリヤシさん
閣議決定会議で閣僚全員が
教育勅語を容認します。
恐ろしい光景が目に浮かびます、驚きました。
by ファルコ84 (2017-04-07 21:13) 

ファルコ84

斗夢さん
安倍総理をはじめ全閣僚が賛成したということです。
教育勅語復活もあり得ます。
by ファルコ84 (2017-04-07 21:15) 

ファルコ84

えんやさん
残念ながら、俺が俺がの政治は止まりません。
恐ろしい国になっていきます。
by ファルコ84 (2017-04-07 21:16) 

ファルコ84

majyoさん
閣議決定したということは
政府の方針であることを意味します。
罷免がちらつき、もはやどの閣僚も従うしかないのです。
日本会議を通じ進んで賛成している閣僚もいるでしょう
いよいよ右翼化は、止まりません。
国民の関心が薄いのも危機的です。
by ファルコ84 (2017-04-07 21:22) 

八犬伝

仰る通り
戦後レジームからの脱却ではなく、戦前回帰ですね。
それにしても、何でも閣議決定ですね。
民主主義を、ないがしろにする政権
いい加減にして欲しいですね。
by 八犬伝 (2017-04-08 00:55) 

momotaro

教育勅語が復活しかかっています
まったくどうしようもない政権です!
by momotaro (2017-04-08 07:19) 

ファルコ84

八犬伝さん
閣議決定しなければならないような
テーマが多いと言うことでしょうか。
いちいち従順であるか閣僚の念を押します、
賛成しないものは罷免です、恐ろしか!
by ファルコ84 (2017-04-08 08:59) 

ファルコ84

momotaroさん
教育勅語を復活させるような政権は
許しておくわけにはいきません。
まさに戦前回帰です。
by ファルコ84 (2017-04-08 09:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。