So-net無料ブログ作成
検索選択

◆京都2日目は金閣寺など [まち歩き・散策・旅]

京都2日目は、朝からホテルへ荷物を預けて(・・・これは有りがたい)
地下鉄烏丸線と市バスを乗り継ぎ金閣寺
その後、歩いて龍安寺・仁和寺・・・

↓ 金閣寺(鹿苑寺=ろくおんじ)は世界遺産なんですね
DSCF8407_2.JPG
↓ お天気に恵まれ輝く金閣寺、見た瞬間オーと言う歓声が漏れました
DSCF8414_2.JPG
DSCF8435_2.JPG

↓ 龍安寺の石庭、75坪の白砂の空間に15個の石が配置されている
DSCF8494_2.jpg

↓ 仁和寺(以下5枚)も世界遺産です、仁王門右側の仁王像がお出迎え
DSCF8511_2.JPG
↓ 白砂と松や杉を配した、簡素の中にも趣のある南庭
DSCF8526_2.JPG
DSCF8532_2.JPG
↓ 宸殿に描かれた見事な襖絵
DSCF8535_2.JPG
↓ 重要文化財の五重塔
DSCF8562_2.JPG

↓ 京都駅前にそびえたつ京都タワー131m、登ったことが有りません
DSCF8589_2.JPG

一通り観光が終わりホテルに預けた荷物を取りに戻り
京都駅から特急サンダーバード福井まで約1時間半でした。

何度も福井へ足を運んでいるのですが
いつもは、用事のため福井への往復です。
今回は、少し回り道をしての京都観光を楽しみました。


今年も拙いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
皆様と楽しい時間を過ごせたことを有りがたく思っております。
来年もまたよろしくお願いいたします。
清々しい新年をお迎えください。

◆京都1日目は伏見稲荷と清水寺など [まち歩き・散策・旅]

久しぶりの京都観光です。
1日目は、10時ころに新幹線で京都駅に到着、
荷物をキャリーサービス(1個¥750-)でホテルへ送り手ぶら
JR奈良線で伏見稲荷へ直行
その後、清水寺・二年坂・高台寺・八坂神社・柳小路・・・
夕食は、「龍のひげ」でディナー
宿は、「ベッセルホテルカンパーナ京都五条」です。

↓ 伏見稲荷についた頃は小雨模様だったが次第に晴れてきました
DSCF8015_2.JPG
↓ お決まりの朱色の鳥居は、神秘的な和の雰囲気どころか中国人で大賑わい
DSCF8038_2.JPG
↓ やっと静かになりました
DSCF8048_2.JPG
DSCF8071_2.JPG
↓ 京都駅に戻り、ニシンそばで軽めの昼食、おだしが美味しい
DSCF8102_2.JPG

↓ 清水寺近く、和服の借り衣装の観光客も多い、やはり中国人でした
DSCF8117_2.JPG
↓ 清水寺の仁王門、応仁の乱で焼失、15世紀末に再建、平成15年に解体修理されたそうです
DSCF8129_2.JPG
↓ 清水寺から清水坂方面を見下ろす、12月は観光客が少ないそうです
DSCF8132_2.JPG
↓ 清水寺、一部工事が行われており写ってしまいました
DSCF8195_2.JPG
↓ 二年坂方面、狭い道は結構賑やかです
DSCF8224_2.JPG
↓ なぜか似顔絵屋さん、ピコタローはどこでも人気です
DSCF8226_2.JPG

↓ 高台寺の砂の庭園に現代アートが描かれています
DSCF8238_2.JPG

↓ 八坂神社、年末年始の準備でゆっくり参拝できません
DSCF8266_2.JPG

↓ 「柳小路」、入り口の柳と小料理店が軒を連ねます
DSCF8294_2.JPG
DSCF8303_2.JPG

↓ 地下鉄三条駅近くにあるフレンチレストラン「龍のひげ」でディナー
DSCF8331_2.JPG
DSCF8350_2.JPG

↓ 「ベッセルホテルカンパーナ京都五条」は、地下鉄 五条駅近くにあります
DSCF8378_2.JPG
明日は、金閣寺方面の観光です。


稲田大臣真珠湾訪問翌日の29日に靖国参拝
米紙は「近隣諸国から軍国主義の歴史を美化すると見なされている神社を訪れた」
などと批判的なトーンで報じた。
安倍総理はノーコメント、矛盾した稲田大臣の行動に誰でもナンデ
稲田大臣靖国参拝.png

◆京都そして北陸へ [社会・政治・経済]

この何年かの年末年始は、
義理の母の郷里(北陸)で過ごしています。

長いこと関東での年末年始だったので、変化と刺激を楽しんでいます。

今年は、その前に明日から京都観光を2日間することにしました。
1日目は、初めて行く伏見稲荷が楽しみで、その他清水寺とその周辺を散策の予定です。
2日目は、金閣寺とその周辺、その後北陸へ向かいます。

今回も、wifi端末をレンタルパソコン持参です。
↓ 今回レンタルしたwifiセット、2週間で一式¥5,360-です。
   夜、照明のもと机上で写したので、照明が写り込んでしまいました。
DSCF8005_2.JPG

年末にもかかわらず、
普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事が再開
安倍首相、あす真珠湾「アリゾナ記念館」へ訪問
もんじゅ廃炉で文科相が理解要請するも福井知事は納得せず
・・・等々、相変わらず政治も賑やかです。

すみません、私もバタバタして皆さんの所になかなか訪問できません。

◆再処理機構の悪あがき [社会・政治・経済]

我が市はアメリカのテキサス州パサデナ市と姉妹都市の提携をしています。
散歩コースのカルチャーパーク内にあるパサデナ通りのモニュメント
記事とは、関係は有りません。
P1250034_2.JPG


原発が動けば増え続ける使用済み核燃料。
もし、再稼働すれば2~7年程で各原発のプールと六ケ所村は満杯になる。
六ヶ所村の金喰い虫の再処理工場も試運転するも本稼働に至っていない。

政府は「再処理」のために法人使用済燃料再処理機構)をつくった。

おまけに、「再処理機構」は電力会社から拠出金を受けとり、
再処理事業を日本原燃に委託して、カネを右から左に流し、
そのための職員を確保する、お気楽な天下り法人であるらしい

いつまでこんな事を続ければ済むんだろう、不思議でならない。

さらに、再処理の安全についての法的な責任は原燃に押しつけ、
万が一大事故が起きた時は、国民全体に負担を求めるらしい。
まともな政策とはとても思えない

このような小細工をしてまで、ムダ金を垂れ流す「再処理」に執着する異常さ。
実りも目途もなく、これから何兆円注ぎ込まねばならないかも分からない。

危険きわまりない「再処理」「核燃サイクル」を切り捨て、
早急に新時代のエネルギー政策に移行すべきです。

エネルギー新時代.png

◆核兵器禁止条約に反対! [社会・政治・経済]

23日の国連総会(193カ国)本会議で、
核兵器を法的に禁止する核兵器禁止条約」について
来年3月からの交渉開始を決める決議を113カ国の賛成多数で採択した。

これで核兵器の法的禁止の本格的な議論が
初めて国連の枠組みで行われることが正式に決まった。

核兵器禁止条約.jpg

しかし、核保有国の米ロ英仏と、唯一の戦争被爆国日本反対した。

日本は、
「決議が米国の核抑止力(核の傘)に依存する安全保障政策と相いれない」
「核保有国と非核保有国の間の対立をいっそう助長し、亀裂を深める」
との立場から反対している。

核廃絶の「理念」を掲げながら、
具体的な禁止条約の交渉を求める「行動」には反対する姿勢は
米国の核抑止力に依存する矛盾に他ならない。

核不拡散条約(NPT)は、米ロ英仏中の5カ国にだけ核保有を認めたが、
その後、インド・パキスタン・北朝鮮・イスラエルが「事実上の核保有国」として生まれている。

戦争被爆国日本は、先頭を切って「核兵器禁止条約」に賛成すべきなのに
安倍総理の、「強い国、日本」の妄想が見え隠れするように
思われて仕方がない。


↓ 散歩コースに害虫退治のため松の木に巻かれた、「こも巻き」が有りました。
    殺虫剤を使った方が!と思われますが、心がなごむ風景です。
P1370089_2.JPG

◆ゆがんだ返還 [社会・政治・経済]

今日は、天皇陛下83歳の誕生日です。
これからも日本国民を温かく見守ってください。
陛下のご健康を心よりお祈り申し上げます。
↓ 記者会見をなさる天皇陛下(16.12/20)
天皇誕生日83歳.jpg

沖縄米軍北部訓練場の一部が返還された。

政府は、最大の返還と大げさに発表しているが
実際は、返還条件のヘリパッド移設工事が終了したため
いらない場所を返しているだけのこと

基地負担軽減とか本土復帰後最大規模とか政府は言っているが
結局は、ゴマカシに他ならない。

さらに、当初予定されていなかったオスプレイが使う点が問題だ。
翁長知事は「ゆがんだ返還であり、多くの県民の思いが踏みにじられ
政府への強い不信感をもたらす」として返還式典の中止を求めた。

↓ 菅官房長官とケネディ駐日大使、沖縄米軍基地一部を前倒し返還すると発表(15.12/6)
沖縄基地一部返還.png

実は、オスプレイ配備が11年に沖縄で発表される前に、
一部返還が決まった時点ですでにオスプレイ沖縄配備は決まっていたが、
日本政府は公表すべきかアメリカに問い合わせたが返答が無く
この点には触れなかったという。

都合のいいことは発表するが都合の悪いことには蓋をする
政府のやり方は、相変わらずキタナイと言うほかない。


↓ 陽気につられ窓際のシンビジウムが咲き始めました。
P1370230_2.JPG

◆アベノミクスは失敗!なのに [社会・政治・経済]

異次元の金融緩和、民間投資の喚起、デフレを脱却し経済成長
これが2013年のアベノミクスの「三本の矢」だったはずだが、
目玉政策だった金融緩和の「黒田バズーカ」も不発
2%のインフレどころか、デフレに逆戻り、とても成功したとは思えない

↓ 一億総活会議で「新・三本の矢」への決意を述べた安倍首相(首相官邸HPより)
安倍アベノミクス.jpg

なのに、メディアで「失敗」と断言しているケースは稀だし、
国民の世論もそこまでの空気にはなっていない不思議だ

そこには、アベノミクスのラッキーな「3つの好運」がある。

[1]つめは、中国の経済回復のオコボレによる日経平均株価の大幅上昇 [わーい(嬉しい顔)]
[2]番めは、トランプ氏新大統領によるアベノミクス全盛時の円安 [わーい(嬉しい顔)]
つまり、三本の矢とまったく関係ない2つの要因により、
景気回復への期待が高まり、株価が上がるというラッキーが起きたわけで
アベノミクスは失敗しても、エコノミクスはいい感じになってきたということだ。

さらに、失敗と言えない[3]番めが関係している、 [わーい(嬉しい顔)]
それは、「アベノミクス」という呼称が、世間に定着してしまったことです。
「アベ」という呼称がついてしまったがゆえに、
政策批判=権力者(アベ)批判が、同じになり批判しにくくなったのです。

安倍政権が続く限りアベノミクスを見直そうとはマスコミも言えなくなってしまった、
自民党総裁選挙が近づくにつれ批判はしにくくなっている。

きちんとした議論をすべき時期に国民にとって不幸なことに、
「アベノミクスは失敗した」と声高に言えない状況が続いているのです。

DIAMOND ONLINE
「アベノミクスは失敗だった」と声高に言いづらい空気の原因 より
そういう見方もあるんだと思わせる記事でした。


↓ 最寄りの駅から見える富士山、手前に電柱などが邪魔します
   美しいのに不景気のように寒そう!
DSCF6229_2.JPG

◆免許返納「名誉ある撤退」を! [日記・エッセイ・コラム]

高齢者ドライバーの交通事故が絶えない。
事故がある度に、「高齢者の免許返納」が問題になる。

高齢だから返納しろ」では反発がおきる。
責任を持って運転することができない」、
事故の発生を防ぐことができない」、
という理由で、問うべきではないでしょうか。

認知症は、今まで習得した記憶を忘れる病気です。
交通ルール、運転の操作、車の使い方、・・・
安全運転上の確認操作などを忘れてしまいます。
入口と出口を間違えたり、アクセルとブレーキの踏み方を間違えてしまう。
また、とっさの時に「あれ、どっちだったっけ」ということが起る。
パニックになり、慌て間違い失敗を繰り返すことになるのです。

高齢者ドライバー.jpg

でも、車が生活に欠かせないことも事実で、
そのためには、それを補完するサービスや仕組みの確立が必要です。

同時に、「俺もいよいよ潮時かな」と自覚させ、 [もうやだ~(悲しい顔)]
無理なく、抵抗なく、自分を判断して免許を返納できる仕組みが必要では!

家族や知人から「危険だから止めて」と言われる前に「名誉ある撤退」をすべきです。

DSCF3485_2.JPG
同乗者の役割.png

私も、その一歩として先ず普通車から運転のし易い軽に変えた。
カミサンにも同乗者の役割を改めて説明した。
他人ごとではありません

◆「特に何もしていない」では老後泣きます [日記・エッセイ・コラム]

↓ 海がみたくなり湘南に出かけました、ぼーっと眺めると頭の中が真っ白に!
    海原は太陽の光に輝き、右側に伊豆半島が見えます。
DSCF6283_2.JPG


高齢者(60歳超え)の現状を高齢社会白書(平成28年版)から見ると・・・

老後の経済生活の備えのために50代までに行ったこと、
特に何もしていない」が43%と非常に高く、
そして貯蓄や資産は足りないと感じるが57%、
計画的に資産形成をしてこなかったことを後悔している人が多いことが分かります。

さらに「預貯金」が中心で47%、
一方「債券・株式保有、投資信託」は7%しかいません。

ちなみに老後の備えが足りないと答えたアメリカ25%、ドイツ18%、
「特に何もしていない」はアメリカ21%、ドイツ26%と
海外の先進国では圧倒的に少ないそうだ。
逆に、「株式・債券保有、投資信託」はアメリカ33%、ドイツ14%、と高い。

公的年金や企業年金の老後を支える力が弱まっていく時代になりつつあるなか、
これから高齢者になるオヤジ世代そして若者も、
少しでも充実した老後生活を実現するためには、
「特に何もしていない」状態から一刻も早く脱却する必要があるようです。

ideco.jpg

nisa3.png

そのための一例として、
個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)や
少額投資非課税制度(NISA=ニーサ)・・・等の活用をしたらいかがなものだろうか。

思い立ったが吉日のことわざ通り、
先ずは書籍やセミナー勉強するもよし!
私・・・既に遅し!

◆思いやり指数ランキング [日記・エッセイ・コラム]

イギリスの慈善団体「Charities Aid Foundation」が発表した
世界寄付指数ランキング」で、
日本は世界140ヵ国中、なんと114位だそうです。

寄付指数は、「World Giving Index」の誤訳で英単語の語義からすると
世界思いやり指数ランキング」と訳すべきとのこと。

募金箱.jpg

調査方法は、直近1ヶ月の間で、
次の3点を行ないましたか?
との質問に対する回答の割合からはじき出されているんだとか。

[1] 助けを必要としている外国人や見知らぬ他人などに対して何か助けたことがあるか?
[2] 寄付をしたか?
[3] ボランティア活動を行なったか?

その結果日本人は、
見知らぬ人を助けないし、 [もうやだ~(悲しい顔)]
寄付もしないし、 [ふらふら]
ボランティアもしない、 [ちっ(怒った顔)]
という結果になってしまったというわけです。

ちなみに1位は3年連続でミャンマー。
以下、アメリカ、ニュージーランド、カナダ、オーストラリア、イギリス、・・・
「幸福の国」ブータンは17位、韓国は75位、中国は140位で最下位。

おもてなしの国・日本の人々が、なぜ思いやりに欠けるのか!
季語のように使われる「歳末助けあい運動」だけでなく
日頃から他人に対する思いやりに気を使いたいものです。
では、まず自分から!
そう言えば、[黒ハート]赤い羽根の募金[黒ハート]
我が自治会では集めるのではなく会費から無条件募金です。


↓ 整備された市のカルチャーパーク、園内の数か所にこんなチップ塔が設置されています。
   ご利用の際は、チップをお願いしますと言う事でしょう。
P1250025_2.JPG

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。