So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の10件 | -

◆共謀罪と世論調査 [社会・経済・政治]

テロ等準備罪に名を借りた「共謀罪」が衆院を通過した
マスコミ世論調査(2月電話による)では大きな差が出ていました。

日テレ、賛成37%反対34%
NHK、賛成46%反対14%

反対意見の多くは、犯罪の実行行為がなく相談・計画だけでも処罰する
テロ組織等に限定されず、
人権侵害や捜査乱用等の懸念です。

賛成者からはこの法案を理解していない」との反対者からの警告があります。

何故なら、調査の質問内容に差があるからです。
[ふらふら]NHKは、法案に賛否を問うだけだが
[わーい(嬉しい顔)]日テレは、『犯罪の計画段階で・・・人権侵害や捜査乱用の恐れがる指摘もあります』
法律の性格をきちんと説明されています。

↓ 4月4日のNHKクローズアップ現代の様子では
テロ等準備罪①.jpg
テロ等準備罪②.jpg

国会審議で理解度が上がった4月のNHK調査は賛成24%反対21%に変化しています。
世論調査・・・あまり当てにできません

NHKは、政権寄りにならずきちんと国民目線で公平にあるべきです。

参院では衆院で掘り下げられなかった論点を掘り下げてほしい


県立花菜ガーデンは、「ローズフェスティバル~春~2017」ですが
今日は、バラに劣らず見応えのある脇役者たちです。
↓ 入り口で春の花々がお出迎え
DSCF9865-2.JPG
↓ 名前は分かりませんか元気な木やススキの仲間
DSCF9907-2.JPG
DSCF9909-2.JPG
↓ 庭の至る所に置物が飾られています
DSCF9969-2.JPG
↓ クレマチスにも色々な種類があります
P1400009-2.JPG
P1400011-2.JPG
↓ 静かな池にスイレンが一杯咲いていました、心が和みます
DSCF0019-2.JPG
DSCF0016-2.JPG
↓ 名前が分かりません、房状の花で先がオレンジ色です
DSCF0026-2.JPG

◆陛下のお気持ちを汲んでほしい [社会・経済・政治]

陛下の公務は、象徴天皇制を継続不可欠な国民の理解と共感を得るため、
皇后さまとともに試行錯誤しながら「全身全霊」で作り上げたものです。

天皇退位.jpg

それなのに、天皇陛下の退位を巡る有識者会議のヒアリング
天皇家は続くことと祈ることに意味がある
それ以上を天皇の役割と考えるのはいかがなものか
被災地訪問などの公務を縮小し宮中祭祀だけを続ければ退位する必要はないと。

陛下に極めて失礼な発言です。

陛下は、「一代限りでは自分のわがままと思われるのでよくない
制度化でなければならない」と
自分の意志が曲げられるとは思っていなかった」と、
不満を示されたといいます。

憲法改正で天皇を元首に奉ろうとする安倍政権寄りで選ばれた有識者会議メンバー
無識者不名誉教授としか思えない。

陛下のお気持ちを汲んだ退位の制度改正が必要なのです。


県立花菜ガーデンに行ってきました。
5月6月は、「ローズフェスティバル~春~2017」です。
バラ園内は、甘い香りに満ちていました。

DSCF9920-2.JPG
DSCF9935-2.JPG
DSCF9937-2.JPG
DSCF9992-2.JPG
P1400003-2.JPG
P1400036-2.JPG
P1400040-2.JPG
P1400007-2.JPG

◆原発、ドイツと日本の違い [社会・経済・政治]

3.11以降、福一での事故を教訓に、
脱原発に思い切って舵を切ったドイツは、
風力・太陽光などの再生可能エネルギーへのシフトが、わずか6年で順調に進み、
火力と原発への合計依存度は、わずか15%しかない状況だそうです。

↓ ベルリンで「誰が福島の責任をとることができるのか」と書いたプラカードを持って
   デモ行進する参加者(2011年3月)
ドイツ福一.jpg

ドイツ再生エネルギー.png

それにしても、過酷な事故を起こした日本の状況と言えば
[ちっ(怒った顔)] 廃炉作業も全く思うようには進まず
[がく~(落胆した顔)] 大量の放射性物質で海を汚染し続け
[ふらふら] 高速増殖炉の開発は順調とは程遠く
[もうやだ~(悲しい顔)] 放射性廃棄物の最終処分場の目処も全く経たず
なんと、4基目の高浜原発すら再稼働したのです
・・・とても情けない状況になっています。

エネルギー政策の抜本的な見直しが出来ないのは、
失敗を潔く認めることが出来ず
大量の天下り先の関連団体を作ってしまった霞が関にあり、
準核保有国の地位を失いたくない政治家にあるのです。

津波の危険を指摘されながら、なんの対処もしなかった東電の刑事責任も問われず
これほどの政策失敗の責任を誰も取らないのが
あまりにも異常な日本のエネルギー政策なんです

日本の原発事故に学んだドイツ日本の差はこんなに大きいのです。


↓ クレマチスもバラと並んで今が花盛りです
P1400016-2.JPG

◆法案の正体がバレないうちに [社会・経済・政治]

法務大臣の不信任案も否決され、
安倍政権が悲願の共謀罪成立に一歩近づいた。

政府は「一般市民は捜査の対象にならない」と説明してきたが、
果たして真実なのだろうか。

↓ 共産党しんぶん赤旗より お借り
赤旗共謀罪.jpg

維新の会を抱き込んだ修正案をでっち上げ
本日にも衆院法務委員会で可決するかまえです。
つまり、修正案の”取り調べの可視化”は既に刑事訴訟法改正で採用済みなんです。

法案の正体がバレないうち通してしまえという事なのでしょう。

真にこの法案が必要であれば、もっと丁寧な説明ができるはず。

言論、表現、市民活動が委縮する監視社会にさせてはいけません、
国会やメディアの力で世論を喚起し
東京五輪やテロ防止を建前に共謀罪の危険性を包み隠そうとする
安倍政権の嘘を徹底的に暴く必要があります。


↓ 今日のお口直しは、池いっぱいに咲いていたハスの花です
DSCF0018-2.JPG

◆安倍総理は、疑念だらけ [社会・経済・政治]

安倍首相お友達が理事長を務める学校法人「加計学園」
獣医学部を新設する計画について、
内閣府が「官邸の最高レベルが言っている」と
そして「『できない』と言う選択肢はない」とする文書の件
文書の日時や出席者が特定されています。

菅官房長官は記者会見で、
どういう文書か、作成日時だとか、作成部局だとか明確になってない
通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思う」などと苦し紛れに述べた。

文書は、文科省関係者によると、同省職員が作成し、
内閣府の審議官と参事官、文科省の課長と課長補佐の計4人の実名だそうだ。

そして「これは官邸の最高レベルが言っていること」と語ったとも。

↓ 安倍首相が「腹心の友」と呼ぶ左端が加計学園理事長の加計氏、
   親しそうじゃないですか、もうズブズブの関係にみえます。
   この写真、昭恵夫人が2015年クリスマスイブ自身のFacebookに投稿したものだそうです
加計学園問題.jpg

安倍首相は3月の参院予算委員会で
この問題について働きかけていない
働きかけて決めているとあれば、責任を取る」と述べている。
まさに、森友学園問題と同じ構図です。

自分ではないと嘯き、 [わーい(嬉しい顔)]
官僚と口裏を合わせ、 [ちっ(怒った顔)]
出る証拠資料は真っ黒け、 [がく~(落胆した顔)]
そして、マスコミをも黙らせる。 [ふらふら]

この人は、どこまで疑念を平気で押し通すリーダなんでしょう。
呆れてものが言えない。


↓ お口直しにピンクのバラはいかですか。
P1400127-2.JPG

◆母の日に振り返る [日記・エッセイ・コラム]

デーブ・スペクター氏がツイッターで「母の日」に
母の日に振り返る』と題した以下の内容を投稿しました。

デーブスペクター.jpg

母の日に振り返るds.jpg

いかがでしょうか?
全てに当てはまらないとしても、
どこかに共感できる箇所がないでしょうか?
公開1日足らずで6,000回以上リツイートされたそうな。

自分なりに加えると
12歳:お母さんは友達にもやさしかった
23歳:お母さんは元気でやってるのと心配してくれた
・・・・沢山ありますね。

お母さんに感謝の気持ちを伝えていない人
まだ大丈夫です、
タイミングはそんなに重要じゃない、
来年を待たずに、今すぐ感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

我が家では、一昨日息子と娘が母にフレンチを御馳走しました、
残念ながらディナーは予約が一杯でランチです。
私も、ついでにご相伴に与り、約2時間
家族で楽しく美味しいひと時を過ごしました。

↓ メニューは、
  前菜・ポタージュ・主菜(お魚料理・和牛のステーキ)・デザート&ドリンクです
P1390984-2.JPG
P1390986-2.JPG
P1390988-2.JPG
P1390990-2.JPG
P1390992-2.JPG
↓ フレンチレストラン ラトリエ ドゥ ステイジュ (L'ATELIER de 巣邸樹)
ラトリエ ドゥ ステイジュ.png
P1390969-2.JPG

◆子どもの貧困率に苦しむ沖縄 [社会・経済・政治]

昨年公表された沖縄子ども貧困率は約30%
これは全国平均(約16%)の2倍です。

沖縄の最低賃金は724円でフルタイムでも生活保護以下の額にしかならない。
都市部の住居費も高い、車社会なので維持費もかかる、
LPガス中心で公共料金も高い、
生鮮食品等県外から海を渡って卸されるので、本土の価格より高くなる品も多い
低い所得(平均約24万で全国最低)に見合わない生活コストです。

子どもの貧困問題は、こうした沖縄をとりまく現状の先にある。

沖縄子供の貧困.jpg

米軍基地問題が毎日のように議論されていくなか、
つい最近まで子どもの貧困が周知される機会がなかったようです。

目に見えやすい対症療法的な支援は、支持も得やすいし資金も付きやすい、
しかし、子どもの貧困問題は、もはやそれだけでは手に負えないのです。

貧困問題の根本的な治療」は、
沖縄県に限らず格差が拡大している日本全土に言えることです。

↓ 世界の子供の貧困率の順位(2012年調べ)
日本貧困2012.gif


↓ アジサイに小さな蕾がついています、今から楽しみです。
P1390852-2.JPG

◆第九条に自衛隊? [社会・経済・政治]

安倍総理は、憲法九条の1項と2項を変えずに
自衛隊の存在を明記する条文を加える」そうですが、
私には、理解が出来ない

同時に、自衛隊について
『災害救助を含め、命がけで24時間、365日、領土、領海、領空、日本人の命を守り抜く、
その任務を果たしている自衛隊の姿に対して、国民の信頼は9割を超えています。
しかし、多くの憲法学者や政党の中には、
自衛隊を違憲とする議論が、いまなお存在しています。
「自衛隊は、違憲かもしれないけれども、何かあれば命を張って守ってくれ」というのは、
あまりにも無責任です』と、賛同の言葉を忘れない。

↓ 憲法記念日で日本国憲法施行70周年記念式の様子
憲法70周年.jpg

ここで、ご存じ第九条を再確認しておきたい。
憲法第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】
[1] 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
  国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
  国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
[2] 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。

平和主義条項戦争の放棄をうたった憲法は日本だけではありません。

私達も戦争のない平和な日本国憲法であってほしいのです、
はたして、どんなウルトラCが出てくるのかが不気味です。


やっと、前職場のお手伝いも一段落、ブログの時間が出来ました。 [わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]

◆自民党内アベ1強で異論封じ [社会・経済・政治]

衆院に小選挙区制導入時、反対派の急先鋒島村元農水相は、
党に権力が集中して、みんな言うことを聞くやつばかりになる。
物言わぬ政党になり、つまらない議員が増える」と予言したと言います。

天皇陛下の退位をめぐる自民党の懇談会、
野田元自治相が「女性天皇の是非も話し合うべきだ」と発言すると
高村副総裁は「この場ではやらない、収拾がつかなくなる」と、
安倍首相の意に沿わないことが明らかな意見は封じてしまう

石破前地方創生相は「物を言った人間は決して厚遇されない
『重鎮』が官邸の意向一つで代われば、党内は震え上がる」と言う。

かつて、島村氏・梶山氏・粕谷氏・亀井氏・・は総務会で執行部批判を繰り広げていた。
今は、異論を唱えるのは、石破氏・村上氏・木村氏が目立つ程度で
村上氏は「後ろを向いたら誰もついてきていない」と嘆いているそうな。

↓ 安倍首相、2021年まで自民党総裁が可能に 任期を連続3期9年に延長
アベ1強.jpg

若手議員は「先輩が黙るなら、私たちはなおさら。何か言ったら自分がおしまい」と
沈黙する自民党」しか知らない。

この党内状況に危機感を募らせる議員は、どれほどいるのだろうか。

安倍総理の1強は、しばらく続きそうだ。
日本にとって極めて不幸なことです。 [もうやだ~(悲しい顔)]

朝日新聞Digitalより

明日から1週間、前の職場のお手伝いです。 [わーい(嬉しい顔)]


↓ 散歩コースの路肩にコバンソウとヒメコバンソウが咲いていました。
P1390924.JPG
P1390943.JPG

◆こどもの日 [日記・エッセイ・コラム]

今日は、「こどもの日」です。

おそらく各地で「こどもの日」にちなんだイベントが行われていることでしょう。
市のカルチャーパークにも沢山のこいのぼりがあがり
「こども祭り」が開催されています。

↓ カルチャーパークにあげられ元気に泳ぐこいのぼり、こども連れの家族でにぎわっています
P1390896.JPG
P1390863.JPG
P1390887.JPG
P1390884.JPG

半面、「こども貧困」と言う言葉も耳にします。

日本の子ども6人に1人が貧困
特にひとり親家庭の貧困率は54%だそうです。
また、東日本大震災で被災した子どもたちの約3分の1が、
狭い仮設住宅、親の失業転職家計の苦しい割合が増えているんだとか。

子どもたちに何の責任もなく
貧困に陥っている割合がいかに多いことか。
将来を担う子どもたちに少しでも力になりたいと
NPOカタリバを通して毎月寄付をすることにしました。
こういう日だからこそ気づきました。

青空に元気よく泳ぐこいのぼりを見ていると
子どもたちよ!君たちも元気に泳げと声をかけたくなります。

もし興味がありましたらカタリバをご覧ください。↓
https://www.katariba.or.jp/
前の10件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。