So-net無料ブログ作成

◆安倍首相、憲法改正を明言 [社会・政治・経済]

安倍首相は、東京五輪の20年を目標に、
憲法9条に自衛隊の根拠規定を設ける等の改正を行いたいと明言した

改正草案では、9条で「国防軍」の保持を明記していたが、
党の目指すべき改正はあの通りだが、政治は現実であり、
結果を出していくことが求められる。党の改正草案にこだわるべきではない」とも。

日本維新の会を配慮し「教育無償化」も改正の柱に置くようだ。

安倍首相.jpg

首相は、「国民的な議論が盛り上がっていかなければこの目的は達成できない」と
国民を味方につけるような発言も忘れない。
この言葉に騙されてはいけないのです。

「憲法9条」を国民は「改正する必要はない」「変えないほうがよい」が半数以上だが
現憲法を改正したほうがいいという人も結構多い
もしそうであるのなら自民党の憲法改正草案
この際、しっかり勉強すべきです。

世界も、安倍政権下9条自体の変更(改悪)を懸念しているのです。

70年前、憲法担当大臣だった金森徳次郎の言葉
今後の政治は天から降って来る政治ではなく
 国民が自分の考えで組(み)立ててゆく政治である。
 国民が愚かであれば愚かな政治ができ、
 わがままならわがままな政治ができるのであって、
 国民はいわば種まきをする立場にあるのであるから、
 悪い種をまいて収穫のときに驚くようなことがあってはならない
よく噛みしめたい。 [ちっ(怒った顔)]

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。