So-net無料ブログ作成
検索選択
花・木・庭・雑草 ブログトップ
前の10件 | -

◆幸せの四つ葉のクローバー [花・木・庭・雑草]

少し季節外れですがホームセンターの園芸売り場で
幸せの四つ葉のクロ-バー」を見つけました。

しかも3種類の葉があり、迷わず買い、
鉢に植え替え出窓に飾っています。
眺めていると何とも癒される感じです。

DSCF5979_2.JPG
DSCF5975_2.JPG

子供のころ野原で探した記憶もよみがえります。

実は、四つ葉は、幼葉(幼い葉)に傷がつくことによってできる奇形で
自然界では、10万分の1しか存在しないらしく見つけにくいもの
だからこそ、見つけられた人は幸せになれる、と言われるようになったんだとか。

葉っぱ1つひとつ意味を持っており、それぞれ次の意味があり
[1] 名声(Fame)
[2] 富(Wealth)
[3] 満ち足りた愛(Faithful Lover)
[4] 素晴らしい健康(Glorious Health)
これら4枚が揃うことで、「真実の愛True love)」を表し、
幸運をもたらすとも言われています。

この意味は、アメリカバージョン
日本では、[1]希望・[2]信仰・[3]愛情・[4]幸福 だそうです。

↓ うすい緑の葉の中央が濃い緑で、四つ葉が多く一番気に入っています。
DSCF5966_2.JPG
↓ 緑の葉に黒いブチが混ざっています、所々に四つ葉が見えます。
DSCF5962_2.JPG
↓ 多くの葉は黒で所々に緑の葉が残っています、四つ葉が少ない。
DSCF5971_2.JPG

政治も社会も、せちがない世の中、
自分の傷で誰かを幸せにする四つ葉のクローバーのような人に私はなりたい…
と、聞いたことのある様なキザナ台詞が頭をよぎりました。

お天道様が暖かく輝く日の野原にでも出て探してみましょう。
きっと、見つかるはずです。

所で、夜になると葉を閉じてしまいます、おそらく寝ているんでしょう。
では、おやすみなさい!

◆名前に「ラン」の字がつく雑草! [花・木・庭・雑草]

2年ほど前に空き地で群生する
綺麗な雑草を見つけた。

ネットで名前を調べたところ「マツバウンラン」と分かった。

マツバウンラン(松葉海蘭)」は、
オオバコ科の一年草または二年草で、
葉の形が松葉、花がウンランに似ているのでこの名がついた。
アメリカ原産の帰化植物だそうです。

花の終わりに種を採取し昨年撒いたが出ませんでした。
諦めていた今年、6株発芽し咲きました。
花は1cmにも満たないのだがまさしく蘭の花です。
このように綺麗な雑草を育てるのも楽しみです。

↓ 茎はひょろーっと伸び30cm位にもなります
DSCF1502_2.JPG

DSCF1508_2.JPG
DSCF1519_2.JPG
DSCF1506_2.JPG

↓ 根元の様子(発芽するとは知らず多肉植物が植わっています)
DSCF1512_2.JPG

↓ クローズアップレンズで拡大してみました。
DSCF1265_2.JPG

何故か群生していた空き地はそのままの状態だが
マツバウンラン」は、今年少ししか咲いていません、
年によって発芽状態が違うのでしょう!

↓ その時(2014年5月)の写真です
DSCF2784_2.JPG

散歩の河川敷で何株か見かけます。

この他、「ネジバナ」も育てていますが未だ咲いていません。

今日から3日ほど北陸訪問です!



◆庭 植物達の芽生え [花・木・庭・雑草]

朝から小雨模様のはっきりしない天気、
昼過ぎにようやく晴れ間が見えてきた。

初めは気温も低くエアコンのお世話になったが
晴れてから気温も20℃位に上がり
早歩きをするとおでこに汗が!腕まくりでちょうどいい。

桜は、雨の後なので心なしか元気がないようです、
今年は未だ桜の写真を撮っていません。

空には、もうツバメが渡ってきたようです!元気に飛び回っていた。

寒さと暖かさの繰り返しで
庭の植物達の芽もだいぶ伸びてきた。
あー春ですね!の歌を思い出した。

今日は、心静かに植物達の芽生えを撮りました。
こんな事をしている今が平和を感じます。
平和って、いいな!

↓ ホオズキ 沢山の実をつけ、オレンジ色に変わります
014_2.JPG
↓ ホタルブクロ 薄紫の花をつけます
016_2.JPG
↓ オダマキ 種が庭中に飛び散り、そこらじゅうに芽が出ています
021_2.JPG
↓ スズラン 真っ白な可愛らしい花をr付けます
024_2.JPG
↓ ミセバヤ 何故か花が少ししか咲きません
028_2.JPG
↓ アヤメ 濃い紫の花を沢山咲かせます 
029_2.JPG
↓ キリンソウ 素朴な黄色い花をつけます
033_2.JPG
↓ マツバウンラン 昨年種を入手し適当に蒔いたら芽が出ました
038_2.JPG
↓ セダム 鉢からこぼれ落ち繁殖しています
040_2.JPG

この他、ネジバナの芽が出ているが撮り忘れました。
という具合で、少し変わった植物も拘って育てています。


夜は、いただいた焼酎
大分 むぎ焼酎 二階堂の吉四六(きっちょむ) 
のお湯割りで、いい気分になりました。
じっくりと熟成させ特にむぎの香りを重視し
仕上げられた高級品だそうです!

001_2.JPG

今日は、この辺で!



◆庭には春が! [花・木・庭・雑草]

寒さと暖かさが交互にやってくる
石油ストーブを点けたり消したり!
花粉症で目のかゆみと鼻水が止まらない![もうやだ~(悲しい顔)]
体にはよくない季節です。

庭に、もうがやってきたので、
天気はうす曇りだがそのを写しました。

↓ 家の周りに生えたつくし君達
DSCF1056_2.JPG
DSCF1048_2.JPG

↓ まっ黄色の細かい花をつけたミモザ
DSCF1058_2.JPG
DSCF1066_2.JPG

↓ 薄紫のクリスマスローズ
DSCF1084_2.JPG

↓ 何処からか飛んできた種で育ったサクラソウ
DSCF1074_2.JPG
DSCF1075_2.JPG

各地では、
菜の花が咲き、梅が咲き、河津桜が咲き・・・
ウグイスの声も聞かれたとか、
皆さんのブログもの様子で溢れています。

今日は、をお伝えしました。
では、では![わーい(嬉しい顔)]


◆シンビジウムに蕾が [花・木・庭・雑草]

シンビジウムの鉢を
5年ほど放っておいたら
昨年1本の花芽がつき
寂しいながら綺麗な花を咲かせた。

今年も気がついたら花芽が1本だけ伸び
いくつもの蕾がついている。
鉢と葉を拭き部屋に入れる事にしました!

DSCF8639_2.JPG

DSCF8642_2.JPG

鉢に植えられた花をいただくのだが
翌年同じように咲かせるのは
とても難しい。

庭いじりが好きで
天気の良い日は、素人ながら
枝払い、植替え、肥料やり、水やり・・・
少しでも元気で綺麗な花が咲くように
手入れをしています。

シクラメン
ポインセチア
カラー
そしてシンビジウム
ことごとく失敗しています。
何が悪いのか![わーい(嬉しい顔)]
何処が悪いのか![もうやだ~(悲しい顔)]
なかなかコツがつかめずうまくいきません。

↓ 枝をすっきり払ったデュランタ、冬越しのため部屋に入れます。
  枝の払い方は、自己流です。
DSCF8647_2.JPG

↓ 一回り大きな鉢に植え替えたイチジク、来年は実がつくのが楽しみ。
  鉢の大きさは11号だったかな!
DSC08405_2.JPG


◆庭も次第に秋に [花・木・庭・雑草]

季節は次第に秋へ!
庭や家の周りの
植物や昆虫たちも
初秋の気配を感じているようです。

一週間前に芽を出し始めた彼岸花
タケノコのように茎を伸ばし
お約束通り
真っ赤な花を見事に付けました。
毎年、楽しみにしている!

DSCF7827_2.JPG

DSCF7833_2.JPG
DSCF7835_2.JPG
DSCF7842_2.JPG

河原で群生を見つけ
取った種を蒔いて育てたエノコロ草が
ちょうど今、咲いた穂の見頃です
種類は、金エノコロ紫エノコロ
よく見ると普通のエノコロ(緑色)と
穂の色の違いが分かります。

DSCF7864_2.JPG

DSCF7850_2.JPG
DSCF7879_2.JPG

家の周りに勝手に生えた
ショウジョウソウ(猩猩草)の葉が、
朱色に色づき緑とのコントラストが綺麗です。

DSCF7875_2.JPG

オンブバッタハイビスカスの花を舞台に
子孫を残すべく
雄をおんぶしている真っ最中!

DSCF7847_2.JPG

花の写真を撮っていたら
何をしているの!と
興味を示し覗き込むカマキリ君

DSCF7887_2.JPG

庭は、秋の日差しで気持ちがいい。


◆彼岸花の芽が出てきた [花・木・庭・雑草]

ふと気がつくと
庭の影に置いていた鉢から
にょきっと彼岸花の芽が伸びている、
ちょうど秋のお彼岸の頃に咲くので彼岸花
別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)やリコリス
あわてて庭の前に出しました。

↓ 我が家の彼岸花はオーソドックスな赤です
DSCF7769_2.JPG

DSCF7765_2.JPG

猛暑もおさまり
台風が日本列島を襲い
秋雨前線の影響で雨が続き
涼しさを感じるようになってきた
暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものである。

そう言えば、
もう彼岸花の咲く季節なんだ。
季節を教えてくれる花です。

お彼岸の頃とは、
彼岸の入り9月20日頃~彼岸の明け9月26日頃で
昼と夜の時間が12時間ずつで同じになり、
太陽は真東から昇って真西に沈みます。

確か、このころ地元ではダイヤモンド富士の
夕日が見えるはずです、
写真に撮れたらUPしましょう。

↓ 買い求めたイチジク、甘くて美味しかった!
DSCF7774_2.JPG

DSCF7781_2.JPG

この季節の果物として
地味ですがイチジク(無花果)があります。
1年に一度は食べるようにしています、
買わなくても食べられるように今年の春に
苗木を植えました。
来年!実がつくのが楽しみです。

DSCF7711_2.JPG


◆お役立ちグッズの給水キャップ [花・木・庭・雑草]

日照りの続く暑い毎日
数日家を空けると
庭の鉢が乾いてしまう。

ご近所に水やりを、お願いするのも一つだが
そうもいかない事もある。

DSCF7345_2.JPG

そこで100均で給水キャップを買ってきた。
キャップが2つ入って100円です、
使い方は、いとも簡単
飲み終えたペットボトルに水を入れ
キャップをして鉢の土に刺すだけ。
キャップには幾つかの小さな穴が開いており
そこから少しづつ水がしみ出る仕掛け。
乾き具合によるのだが
ペットボトル2Lで3日程はもつようだ。

DSCF7347_2.JPG
DSCF7351_2.JPG

隔週位で北陸方面へ出かけているので
何とも便利なお役立ちグッズである。
これで一安心!
帰ってきたらたっぷり水をあげるね!

庭には、好きな紫系の花が咲いている。
↓ 咲き始めた、デュランタ
DSCF7369_2.JPG
↓ これから咲く、カク(ハナ)トラノオ
DSCF7358_2.JPG
↓ もう咲き終りの、ラベンダー
DSCF7383_2.JPG
↓ まだ咲いている、ホタルブクロ
DSCF7376_2.JPG
↓ 3月末に植えた、イチジクの木
DSCF7355_2.JPG
↓ そして赤く色づいてきた、ホオズキ
DSCF7364_2.JPG

みんな夏の暑さに負けず元気、
夕方の水やりが欠かせません。



◆生垣の刈り込み [花・木・庭・雑草]

家の周りに少し生垣がある
陽気につられ枝がすっかり伸び
生い茂って見苦しくなった。

暑い日差しを避け [晴れ]
曇りの日を選んで [曇り]
毎年、この時期に刈り込みをします。

使う道具は、大きい苅込ばさみと剪定ばさみ
綺麗に仕上げるのに4時間ほどかかった。

DSCF7235_2.JPG

作業をしているとお隣の旦那さんが
熱中症に気をつけてね!と声をかけてくれた。
日は差していないが気温は20℃を越しているので油断はできない。

狭い庭なので自分で手入れをするようにしている
苅込方は自己流で綺麗に揃えばそれでいい
職人さんが入ると結構かかるようです。
これもまた楽しいのである。

↓ イチイの生垣 Before After
DSCF7061_2.JPG
DSCF7075_2.JPG

↓ ドウダンツツジの生垣 Before After
DSCF7069_2.JPG
DSCF7100_2.JPG

DSCF7087_2.JPG

剪定のポイントは、春から梅雨頃までに
1度目は、太い枝を抜いたり、強く刈り込み
2度目は、その後に伸びた枝をカットする感じが理想だとか。

↓ 3月に購入し植えたイチジクも葉が生えてきた
DSCF7103_2.JPG


◆今年も咲きました「ネジバナ」 [花・木・庭・雑草]

ネジバナ(捩花)」は、雑草です
何故なら栽培する(育てる)のではなく
道端や空き地に勝手に生えているからです。

が、その数は少なくあまり目にすることがない。

何年か前に鉢に植え
毎年この時期、小さく可愛らしい花を咲かせます。

DSCF7175_2.JPG

DSCF7167_2.JPG

DSCF7168_2.JPG
↓↑ ACクローズアップレンズ №3 を使用して拡大
DSCF7170_2.JPG

「ネジバナ」は、他の雑草の中に紛れるように育つ
何故か土だけの場所ではうまく育たない
よって芝カーネーションの中に紛れるように植えています。
おまけに、増やすのも難しく2株のままです。

DSCF7192_2.JPG

DSCF7179_2.JPG

成長した「ネジバナ」の大きさは、
丈が約10cm
花は、名前の通り茎を軸にネジの様
ぐるりと回転するように細かい花が咲き
一つの花の大きさは、2~3mm
色は、淡いピンクと白色です。

↓ ACクローズアップレンズ №3 を使用して拡大
DSCF7184_2.JPG

DSCF7176_2.JPG

分類は、ラン科ネジバナ属で
花を拡大して見ると、確かにランの様です。

こんな、素朴で可愛らしい花に魅せられています。
ちょっと変わった趣味と言えるかもしれません!

[わーい(嬉しい顔)]
[もうやだ~(悲しい顔)]
[雨]

↓ 一輪だけ咲かせたキキョウ
DSCF7205_2.JPG


前の10件 | - 花・木・庭・雑草 ブログトップ

日々の生活で、なるほど!と思われるテーマを、読みやすく分り易く写真をおりまぜて発信していきます。